Hatena::Groupmajikondanko

天電山岳線

  ※これは架空鉄道です。

天電山岳線

路線距離?km
軌間1067mm(狭軌)
複線区間全線
電化区間全線(交流20000V 50Hz)
最高速度130km/h

天電山岳線(あまでんさんがくせん)は、第1地方の黄星から第2地方の九喜岳までを結ぶ天津電気鉄道の鉄道路線である。

直通運転

直流電化時代

黄星から七鉄加星線の紫星まで直通運転を行っていた。

交流電化時代

羽幡から羽幡線、海底トンネルを通じて前電前田線の東洋工業まで直通運転を行っていた。

2015年3月改正で終了した。

羽幡線から前田線までの区間は引き続き直通運転を行っている。

指定席快速列車の運行開始後

「あさひ」の上り1本、および「いえじ」「グレードエクスプレスいえじ」の全列車に限り、七鉄加星線の紫星まで乗り入れる。

七鉄線内の途中駅には止まらない。


当該列車に使用されるAER401系のみ、交流電化と直流電化の両方式に対応した機器を備える。

新駅

  • 南咲塚駅 - 2018年5月26日。第2地方の「地域鉄道計画」の一環で設置。

設備改良

プラットホーム延長工事

11・12両編成に対応できるようホームの延長を進めている。

工事完了
  • 12両対応 片馬町、小夜道、田根野、新間台、天電枕崎の5駅と急行停車駅のすべて
  • 11両対応 南咲塚

  ※これは架空鉄道です。