Hatena::Groupmajikondanko

天電151系電車

  ※これは架空鉄道です。

天電151系電車

設計最高速度140km/h
営業最高速度130km/h(海底トンネル線)
起動加速度2.8km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大)
4.5km/h/s(非常)
軌間1067mm
電気方式単相交流20000V 50Hz(架空電車線方式)
主電動機かご型三相交流電動機210kW
駆動装置TD継手式平行カルダン
制御装置IGBT-VVVFインバータ制御1C8M

概要

天電151系は(あまでん151けいでんしゃ)は、天津電鉄の近郊型電車である。山岳線、羽幡線、海底トンネル線、前電前田線で運行されている。

基本構造

全長20m・両開き3扉のアルミニウム合金製である。

行先表示器

前面と側面の行先表示器はLED式(フルカラーLED)を採用している。走行中に消灯する機能がある。

車内設備

座席配置はドア間固定クロスシート、車端・戸袋部ロングシートのセミクロスシートとした。

運用

2015年4月26日現在、本系列は山岳線、羽幡線、海底トンネル線、直通先の前電前田線で運用されている。

番号について

この前の形式は120系であるが、JRの付番規則を習ったため奇数となり、13と4は縁起が悪いので131と141は欠番となり151系とされた。


  ※これは架空鉄道です。