Hatena::Groupmajikondanko

東京鉄道1000系電車(初代)を含む古典的な東京鉄道の車輌

  ※これは架空鉄道です。

東京鉄道1000系電車(初代)を含む古典的な東京鉄道の車輌

 東京鉄道1000系電車(初代)を含む古典的な東京鉄道の車輌 は、東京鉄道(旧・湘南電鉄)で運行されていたふるい車輌の一覧である。

DX5形ディーゼル機関車

 DF210形と同じディーゼル機関車

客車を牽引した

200形

 客車。四両編成。機関車で牽いていたが、600形登場後は600で牽いていた。

18tしかない、身軽な客車。ラッシュでは400形が牽いたことある。

300形

 金沢八景線・藤沢線で使われた。その後東京鉄道3000系(初代)となり、10300形として10000系に編入。

400形

 キハ75を譲り受け改造した気動車。

600形

 600形は、1M1T 2両編成の交流電車。400形気動車を置き換えた。

このしゃりょうはJR東日本の701系5000番台車を買い取ったものである。この車輌導入後も、200形客車増結によるラッシュ凌ぎは続いていた。後にEX1形電機の登場で客車運用は切り離された。

晩年には2M0Tに組み直されている。

800形

 800形は、4M2T+1M1T 6+2両編成の交直流電車。輸送力増強と横浜~大船が直流開業したのにあわせて投入、現在は東京盛岡電鉄の支線で使用。北陸の413系の電装を使用。

1000系(初代)

 最初は1000形と称された。

諸元
軌間1435mm
電気方式直流1500V
最高運転速度120km/h
起動加速度3.6km/h/s
減速度 常用4.5km/h/s
減速度 非常5.0km/h/s
主電動機MT70A-85形(85kW)
主電動機方式直流直巻電動機
主回路電機子チョッパ制御(MOSFET)
ブレーキ制御回生併用電気指令式
補助電源SIV(210kVA)
車体構造軽量ステンレス

 東京鉄道は、東鉄本線(大宮~品川~上野)と川崎線を敷設した。

その際に湘南電鉄(横浜~葉山)を買収・直通することに。

そして1000系は川崎線2000番台、東鉄本線5000番台に落ち着きます。


  ※これは架空鉄道です。